花粉症(病院に行く(下北沢編))

  • 2008.03.18 Tuesday
  • 23:00
花粉所が、あんまりにも酷すぎて、鼻づまりで夜も眠れなくなり、病院に行くことにした。

重度のアレルギー体質のため、治療が際限なく続いてしまいます。

根本治療じゃないので、よっぽど酷い時しか病院に行かない。

その時の都合で通いやすい病院に行くため、行き着けがない状態です。

2年前、減感作療法をしたことがあるのですが、調子が悪い時、注射を打った箇所が痛痒く腫れるため、1年半でギブアップ。
今でも時々、腫れます。私みたいに複数アレルギーを持ってる人には、向かないのかも知れない。杉だけとか、ダニだけとか、単一の人は良いのかもと思います。

こんな状態で、病院に行くと「ドクターショッピングしてるのか?」などと思われ、嫌がられることが多いのです(分からなくもないのですが)。

嫌がられても仕方がないと思いつつ、病院に行くことを決意。

さて、どこに行こうと悩む。

以前、下北沢の病院は分からないため、ネットの口コミをみて歯医者に行ったのですが、これは大失敗。殺さなくてもよい、神経を殺すはめになり、高額な治療費を払うことに。。。

通院した歯医者は、流行ってるんで、私と相性が悪かっただけかも知れません。しかし、流行っている分、患者をさばくのに一生懸命で、やや手抜きになるような気がします。この経験から、激混みは、避けることにしています。

今度は、口コミなど見ず、勘で決めることにしました。

駅で見かけた「あじさか耳鼻咽喉科クリニック」に行くことに。



淡々とした先生なのですが、私には、グーでした。

鼻を診るなり
「あなた、花粉症だけでなく、他でもアレルギーでますよね。かなり高度なアレルギー体質ですね」

「あぁ、そうなんですよ。よく分かりますね」

大体、病院に行くとアレルギーの検査を受けるように言われます。

何度も受けているし(その先生は知らないんだろうけど)、受けても絶望するしかない結果をもう1度確認するだけなので、あまり受けたくないのです。

今回の先生は、アレルギー症例を沢山みているらしく、私の鼻の状態で分かったようです。状態によって必要があれば、検査を進めるのだと思いますが。

「あなたみたいなタイプは、このお薬とこのお薬を飲んだ方がいいです」

と丁寧に解説。薬も納得できるものでした。

そして、1ヵ月分だしてくれました。
何度も通わなくていいと思うと、うれしい!

1ヵ月分、自信持ってだすと言うことは、症例を沢山みてるのと、治療方法が確立されているのだと分かり、安心できました。

「1ヶ月たって、ひのき花粉が出るようでしたら、きてください。治まっていれば、寒くなるまで大丈夫ですよ」
とのこと。ここで、またビックリ。私の症状は、その通りなのです。

専門医は違うなぁと思いながら、今日はニコニコ顔ですみました。

症状も楽になり、本当よかった。

占いもそうですが、相談件数を多く受けてる占師さんは、やっぱり違いますよ! 
ちなみに私もたくさん鑑定しています。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM