33年ぶりに寒い日と目

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 22:16

JUGEMテーマ:健康

 

「寒さ」と「目」は、あんまり関連性はありません。

 

1月20日(土)のは「大寒」といって1年で1番寒い日だったはずが、それよりも寒い日がくることに驚いています。

 

先日の22日(月)は大雪でした。一瞬で銀世界になり自然のパワーを感じましたね。

真っ白ですてれちゃう

 

33年ぶりの寒さの中、高崎にお出かけです。

 

部屋でこもって仕事ばかりなので、近場で自然の多いところに充電しにいくようにしています。リフレッシュすることにより、占いの勘が冴え仕事の質もあがります。疲れると影響出てしまうのですよ。

 

東京ですごい寒いのなら、高崎は恐ろしい寒さではないでしょうか?

 

いまからドキドキしています。

 

さて、今回は「目」についてです。

 

アラフィフともなると、目がショボショボするようになりました。髪や目は個人差も大きいですが、ダイレクトに歳を最初に感じるところです。

 

「目」「髪」は、西洋占星術でいうと「牡羊座」にあたります。

 

生命が芽吹く場所であり、自分が始まる場所であり外見を表します。

 

真っ先に年齢を感じさせるところと考えれば激しく納得します。

 

老いて見た目が変わるのは、子孫を残せるかどうか見た目で判断させる遺伝子的な要素があるとか。

 

最近読んだ「目」の本です。

深作先生は、目の手術のスペシャリストです。森岡先生は眼精疲労の研究をされています。

 

2冊の本で切り口は違いますが、エビデンス的にハッキリしていることは大体同じでした。

 

・目を休ませる時間が必要

・目を温めるのは視力回復に有効

・目の寿命はカラダの寿命より短い

・目の血管が影響している etc...

 

かなり参考になりました。あと、目のトレーニングはあまり効果がないことが分かりました。

 

効果がはっきりしている目を温めると目を休ませる時間を意識的に作るようにしました。

 

カラダより寿命が短いと分かった以上、大切に使わないとね。

 

森岡先生の病院が吉祥寺にあることを知り実は通っています。

 

目の筋肉を緩ませる施術と酸素カプセルに入って血管を活性化させています。

 

「こんなの効くのかしら?」と思っていたら、少し視力が上がったので驚きました。筋肉と血管の偉大さを実感しました。

 

目がよくなってくると不思議な事に髪も艶々してきました。カラダってつながっているんだなぁって改めて思いました。

 

そもそも歳とともに毛細血管が退化して、見た目が老いたり(血色が悪くなるなど)、不調が出たりするらしいです。1番最初に目や髪みたいな生命維持に関係ないところから出るようです。

 

ただ、目は生命維持に必要だとは思いますけどね。

 

そう考えると、目の平均的な寿命70歳と人間が元気に生きられる年齢がリンクしているのかもしれません。

 

酸素カプセルは気にいってしまって違うところでも時々行っています。酸素だけに活性酸素が気になるところですが、酸化のダメージはあまり感じず、血色がよくなるのでいまのところメリットのみです。

 

ケガの治療にも使われるぐらいですからそこまで激しくないのでしょう。

 

あと、「めぐりズム」が休憩時のアイテムになっています。

 

寝る時は、森岡先生の本についていたバイオラバーアイマスクです。

 

私自身、牡羊座です。牡羊座つながりで、目のケアに熱心になるのは必然だったのかもしれませんね。

 

それでは、また来週お会いしましょう。

 

追伸:明日は東京方面は寒いようなので暖かくしてお過ごしください。ついでに目も温めてくださいね!

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM